賃貸お役立ち情報

3つのサービス特集

テナント検索

ホーム > 賃貸お役立ち情報 > 一人暮らしのための防犯

一人暮らしのための防犯

女性の一人暮しや都会の生活は危険がいっぱいです。何かが起こってからでは遅すぎます!“自分の身は自分で守る”意識を身に付けましょう!そのためのいくつかの知識をご紹介しています。自分のために役立てて下さい。

ポストの中に新聞や郵便物をためない!

防犯の第一は"留守"であることを悟られないようにすること。ポストにたまった郵便物は不在を知らせるサインとなってしまうので注意しよう。旅行などで数日不在の場合は予め新聞の配達を中止するなどの対策をとりましょう。

雨戸やカーテンを閉切るのは不在の目印となることも・・・

しっかりとした戸締りが外出の際の基本。でも、普段の外出ならレースのカーテンを引く程度にとどめて、あたかも室内に人がいるのような雰囲気を演出するという手もあります。ただし、お部屋の所在環境に合わせた対策を考えるを忘れないでね。

メーターボックスの中や植木鉢の下にカギを隠しちゃダメ!

メーターボックスの中や植木鉢の下などに隠した「つもり」の合い鍵は、絶対に禁物。実際の空き巣被害のうち、3割がこのケースで侵入されていいます。鍵は自分で大事に持ち歩くのが一番。「無くした」「落とした」に備え、大家さんの所在や不動産屋さんの連絡先などは必ず控えておきましょう。

ご近所付き合いも対策の一つ!

マンションやアパートなどの建物では、住人以外の人が出入りしていたとしても、怪しまれることはほとんどないといっていいでしょう。近所付き合いは「苦手」と言わず、少々難しいにしても努力はしたいものです。

洗濯物を干しっぱなしにしない!

「暗い部屋+干しっぱなしの洗濯物=住人不在の目印」これでは不在を教えているようなもの。空き巣の標的になりやすいと言えます。注意をしましょう。

もちろん基本は戸締り!

侵入者が犯行に要する時間はわずか5~10分。“すぐに戻るから”といった油断は絶対に禁物。ゴミ出しやコンビニへの買い物でも必ずカギを掛けるようにしましょう。

これらはほんの一部です。
少しでも防犯に対する意識を持つことによって「まさか」に備えましょう!

賃貸物件をお探しの方はお気軽にご相談ください!

ページの先頭へ戻る

Copyright c 仙台不動産情報館 CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.